専業主婦のカードローンについて

主婦日常生活を送る中で、専業主婦の方がキャッシングをしたいなと思うときはたくさんあることでしょう。
例えば、急な冠婚葬祭で現金が必要になったとき、子供の塾代や部活の費用を出すとき、ママ友の付き合いでどこかに出かけるときに現金が必要になります。
毎月決まった出費だけではなくて、このように急に現金が必要になるということはよくあるものです。

こんなとき、銀行に残高が残っていれば問題はないのでしょうが、銀行にいくらも入っていない場合、どこからか現金を工面しなくてはなりません。
そんな時に強い味方になるのがキャッシングです。
キャッシングできるカードを一枚持っておくことで、焦って現金を工面する必要もありませんので、心の保険にもなります。

こんな便利なキャッシングですが、専業主婦が申し込めるのは銀行が運営をしている銀行カードローンのみになっています。
なぜ銀行カードローンだけしか申込ができないのかというと、2010年に改正された貸金業法の影響からです。
貸金業法が改正され、貸金業法に基いて営業している消費者金融や信販会社は、専業主婦の借入に大きな規制が設けられました。

厳密に言うと、今でも専業主婦は借りられるという法律にはなっています。
しかし業者に提出しなくてはならない書類が増えました。
夫の同意書
夫との婚姻関係を示す書類
夫の収入証明書
などです。

これらの書類を揃えるのはとても面倒ですし、確認する側も業務量が増えてしまい大変です。
こういったことを考えた結果、専業主婦の借入自体を禁止してしまおうという流れになってしまったのです。
ですから、今現在消費者金融や信販会社からは専業主婦の借入はできません。

しかし銀行カードローンは銀行が運営をしているため、貸金業法とは関わりのないカードローンになっています。
こういった経緯から専業主婦の方は銀行カードローンのみ申込ができるというわけなのです。

さて、銀行カードローンといってもいろいろな会社がありますが、その中でもお勧めしているのが下記の2つです。
三菱東京UFJ銀行のバンクイック
新生銀行カードローンのレイク

三菱東京UFJ銀行や新生銀行の名前は、誰でも一度は聞いたことがあるという大手銀行です。
こういった大手銀行が個人向け融資としてカードローンを運営しているのです。
専業主婦の方は特に安心感を求める傾向が強いですから、こういった大きな銀行が運営をしているという安心感は何よりも魅力的です。

また一番気になるのが夫に内緒にできるかという点ですが、こちらも安心してください。
夫はもちろん、家族や周りにキャッシングをしているということがバレる心配はありません。
さらに、銀行のATMを使って融資や返済ができるという点もお勧めポイントです。

銀行のATMを利用している分には、周囲の人からキャッシングをしているということはまずバレないからです。
これから申込もうと考えている方は、ぜひ三菱東京UFJ銀行バンクイックか新生銀行カードローンレイクへ申込してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ