グレーゾーン金利を詳しく解説!

カードローンを利用する場合は借りた金額に応じて利息が発生しますので、返済する時には利息も含めて返済しなければいけません。
現在は廃止されていますが、過去には利息制限法を利用したグレーゾーン金利が問題になっていました。
グレーゾーン金利というのは、利息制限法という法律と、出資法という法律の中間をうまく利用してギリギリのラインで高い利息を設定する事です。
現在は法律も改正されていますが、改正前は利息制限法の上限が20%で、出資法の上限が29.2%となっていました。
20%以上を超えても、出資法の29.2%を超えなければ法的に罰することができなかったのです。

このためこれを悪用した業者がたくさんいました。
本来なら払う義務のない高すぎる利息でも、グレーゾーン金利を悪用する事で、利用者もそれを承知で契約してしまうため契約が成立してしまうと
悪徳な業者でも処分されなかったのです。
ところが現在は法律が変わっているので、グレーゾーン金利は廃止されていますが、完済から10年間は過払い金の返還請求ができます。

もしも法律改正前にすでにグレーゾーン金利での利用分を完済していても、10年以内ならば過払い金返還請求の対象になるので、一度専門家に相談してみることをおすすめします。
中にはグレーゾーン金利と気づかずに利用している人もいるので、すでに完済している過去の借金も見直してみると過払いになっている分があれば戻ってくるかもしれません。
弁護士の無料相談もあります。

sck1101_salb01旦那に内緒で借りたい専業主婦のためのカードローンはこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ