総量規制と総量規制対象外の違い

カードローンの場合は種類があるので、どの種類のカードローンを利用するかによっても利用に関しての条件が変わってきます。
総量規制と総量規制対象外の違いもこれに該当します。
まず総力規制というのは、貸金業法に基づき営業している貸金業者に対しての法律です。
お金を貸す場合はその人の年収の3分の1を超える金額を貸してはいけないという法律なので、年収にもよりますが多額の借金はできないようになっています。
これは多重債務者や借りすぎてしまい自己破産をする人が続出したため、それを防止するために法律が改正されました。
これに該当するのは消費者金融系のカードローンです。
しかし総量規制法は貸金業者にのみ適用される法律なので、貸金業者ではない銀行系のカードローンには総量規制が適用されません。
つまり銀行系のカードローンは総量規制対象外になります。
あまり安易にカードローンでお金を借りるのはお勧めできませんが、やむを得ず借り入れをしなければいけない場合、それが年収の3分の1を超えてしまう場合は、総量規制対象外の銀行系カードローンがいいでしょう。
ただし銀行系のカードローンでも、審査は厳しく行われるので全ての人が利用できるとは限りません。
すでに消費者金融系のカードローンで借り入れがあり、さらに銀行系のカードローンに申し込むような場合は借入総額が多すぎると返済に不安が出るため利用できない事もあります。
総量規制と総量規制対象外の違いはありますが、可能な範囲で利用するのが一番です。

sck1101_salb01旦那に内緒で借りたい専業主婦のためのカードローンはこちら!

サブコンテンツ

このページの先頭へ